高齢者が住む家

住み始めた頃には家族全員が若くても、家とともに人間も年を取りますので、そのままの住宅では住みづらくなってしまう……ということはじゅうぶんにあります。単に高齢になるだけでなく、人は年齢を重ねると介護が必要になったり、あるいは車いすがなければ移動できなくなったりしますので、いま住んでいる家に住み続けようと思うのならば、それを見越したリフォームを考えていく必要があるでしょう。

たとえば内装リフォームのひとつとしてあげられるのが、バリアフリーリフォーム。この場合は廊下の幅を広げる際の工事費用が高額になる場合もあり、それなら廊下を広げるというよりは部屋と廊下を一体化させるという認識に変えたほうがいい場合もあります。
また部屋の内外の温度差を減らすためには断熱性を向上させる必要がありますが、それには外壁リフォームを伴う工事が必要な場合も。住宅の状態によっても工事内容が変わってきます。いずれにしても、高齢者が住む家は、より高い暮らしやすさが求められます。

コメントを残す