お風呂場のリフォーム

水まわりといえば、キッチンや洗面所、トイレのほかに忘れてはならないのがバスルーム。そう、お風呂場ですよね。特に築年数が15年以上経過しているような場合は水まわりのリフォームを検討したほうがいいといわれていますので、いくら現状に問題がなくても、いちど工務店に相談するなど、状態をチェックしてみることをおすすめします。いわゆる、人間でいうところの健康診断ですね。
また実際にバスルームをリフォームすることになったら、是非、一緒に洗面所のリフォームを考えたほうがいいといわれています。というのも通常は洗面所といえばだいたいバスルームと隣り合っているものですから、バスルームからの湿気が溜まりやすく、どうしても床や壁に傷みが見られるようになるため。それほど傷みが大きくなくても、別々に工事を行うよりはバスルームと一緒にリフォームしてしまったほうがコストも安上がりですし、工事の手間も省けて一石二鳥。その際には、もちろんしっかりと防水工事を行っておきましょう。

コメントを残す