一戸建て住宅のトイレの棚の位置について

PR|ビジネス向けの英語教室選び|女性の美容|売上アップのホームページ制作術|エナジーテラピーのエステなら|ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の家なら|豊田市の新築一戸建てなら|音響設備の工事やメンテナンス|

新築一戸建て住宅を注文住宅で建てる場合なんかはとくに、トイレ空間の棚の位置について、よく考えた方がいいですよ。「どこでもいい」では、ダメですよ。なぜなら、トイレ空間の棚を高めなところに作ってしまうと、思わぬ悲劇を招いてしまうこともありますから。

もとい、トイレ空間の棚の位置はどこでもいいとしましょう。確かに、トイレ空間の棚の位置は高いところにつけた方が、「トイレの棚に何が置いてあるのか?」ということが目に着きづらくなりますから、生活感を感じなくていいでしょう。高い位置に棚を作れば、そこに置いてある特売のトイレットペーパーが目に入らないことで、オシャレ感も増すことでしょう。

ですから、たとえ高い位置に棚がついていてもいいとしましょう。それでもいいとは思います。ただ、トイレの棚の位置を高くするのでしたら、「トイレの棚から物を取る場合は、トイレのフタに乗らないこと!」ということだけは言っておきたいですね。

わかりづらいかも知れませんので「トイレの棚が高い位置にあることにより起きた我が家の悲劇」をもっと掻い摘んで説明しますと、わが家はトイレ空間の高い位置に棚を作ってしまったばかりに、その棚から物をおろす際には、身長154cmの私は台に乗る必要があるんですよね。しかし、台を持ってくるのが面倒で、それでトイレのフタに乗って、棚の上の荷物の上げ下ろしをしていたのです。

けれどある日、トイレのフタがバキッと割れてしまったのです。トイレのフタに私が乗った位置が悪かったのでしょう。後悔先に立たずで、仕方がないものなのですが、「ちょっとの手間」を惜しんだばかりに、トイレのフタを破損させてしまったことについて、ものすごく落ち込んだものですよ。

ですから教訓としては、「マイホームのトイレの棚の位置についてもよく考えよう」ということを言っておきたいのです。わが家は「高い位置にあった方が、トイレを利用する人の目線が外れるから、生活感が出ないし、それに扉をつける必要がなくて節約になる」という理由で、高い位置に棚を作ってしまったのですが、ちょっとした手間を惜しんだばかりに、このような悲劇も起きましたので。

PR|お宝相互リンク|SEOアクセスアップ相互リンク集|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|アクセスアップの相互リンクSEOスーパー|住宅リフォーム総合情報|

コメントを残す